弊社は昭和38年に精密機械部品切削を主として出発し製作段階別 の固有加工技術の開発発展により、工業用計器・工業用ロックに、シェアを拡大してまいりました。バブル期以降、メカトロニクスにエレクトロニクスを複合させたロック開発が行われ、様々な電子機器部品に組み込まれ小型化、高精度化の需要は高まっています。さらにセキュリティ分野における安全対策として当社の使命はますます重要度を増しています。
 新社屋の竣工にともないこれを第二の創業期とし、生命と財産の安全を見つめ、安心のための研究開発の成果 を質の高い製品に繁栄していきます。私達は、“職人気質”を持ち続け、古き良き時代の心を持って未来を志向する企業でありたいと願っています。

kanri